www.STARBAR-JAPAN.com
starbar-japan.com I2R WebSite
MOLY-D




--MOLY-D--
Molybdenum Disilicide Heating Element
二珪化モリブデン発熱体
抵抗特性



 電気供給


1. 供給電圧

E=√WRで求めます。
使用温度によって抵抗値が変化しますので、使用する温度の抵抗値を求める必要があります。

R=Ω/m、Tn=使用温度(発熱体表面温度) 

R = RC×1.67×(Tn/1000)
 

※ この計算による抵抗値は1600℃位から2〜3%程度低くなります。  
  800℃〜1800℃:MD-33の抵抗(Ω/m)


3mm 4mm 6mm 9mm 12mm 18mm 24mm
RC 0.181 0.102 0.0454 0.0202 0.0111 0.00495 0.00298



2. 表面負荷

MOLY-Dは、STARBAR(炭化珪素質)や金属発熱体に比べ、かなり高い表面負荷で使用することができます。
MD-33を表面温度1800℃で使用する場合の最大値は16w/cm2 です。


3. 制御

発熱体表面温度1800℃の抵抗値は、室温に比べて約15倍も高くなります。
SCRをご使用の場合は、定電流機能のついたものを採用してください。


4. 温度による抵抗値の変化



発熱部の表面温度は、炉内使用温度と表面負荷密度によって決まります。
炉内使用最高温度と使用雰囲気によって、ワットローディングを決定させ、エレメントの本数・直径などを設計してください。

炉内温度と発熱体表面負荷密度の違いを示したものが下図です 。




前へ 最初に戻る






STARBAR JAPAN

STARBAR商品案内
STARBAR
(炭化珪素発熱体)
MOLY-D商品案内
MOLY-D
(二珪化モリブデン発熱体)
商品案内
FAQ
見積請求
カタログ(請求/ダウンロード)
商品案内
FAQ
見積請求
カタログ(請求/ダウンロード)







for inquiries and comments, email - info@starbar-japan.com
Copyright (c) 2000-2001 STARBAR JAPAN. All Rights Reserved.