www.STARBAR-JAPAN.com
starbar-japan.com I2R WebSite
STARBAR






--STARBAR--
Silicon Carbide Heating Element
炭化珪素発熱体

STARBAR 使用説明



STARBAR発熱体の抵抗

STARBARは、出荷する前に最低2回の抵抗測定を 実施します。
その数値は、チップボックス(黒字)と発熱体(白色チョーク)全てに記入してあります。

抵抗試験は、発熱体表面負荷を約15.0W/cm 2かけた状態で測定しています。
記載された数値は一定電圧をかけて1070℃に達した時点で計測した電流値です。

個々の抵抗値は、
R=E / I
で計算できます。
(R=抵抗 E=電圧 I=電流)

*テスト電圧はサイズにより異なりますので、お問い合わせください。


ご使用の際は同じ数値又は近い数値のものを、同一回路に使用してください。
古い発熱体と新しい発熱体同士は、同じ回路では 使用しないでください。

SiC発熱体は、試験温度以外では正確な値を測定できません。
常温では測定できません。
 STARBAR発熱体の開梱・保管

STARBARは、一般の炭化珪素発熱体と同じく、非常に折れ易い商品です。
梱包外箱から取り出す際は、発熱体の片側を無理に持ち上げないでください。
チップボックスのまま保管する場合も、衝撃を与えないよう、充分に注意してください。

STARBAR発熱体の取付

炉に設置する際は、梃子の力がかからないように、 出来るだけ断熱材ホールの元を支持して押し込んでください。

STARBARは、炉の作動中(高温中)でも交換することが出来ます。
両端の低抵抗スプレーは、溶解する可能性がありますので、できるだけ素早く炉内を通過させてください。






STARBAR JAPAN

STARBAR商品案内
STARBAR
(炭化珪素発熱体)
MOLY-D商品案内
MOLY-D
(二珪化モリブデン発熱体)
商品案内
FAQ
見積請求
カタログ(請求/ダウンロード)
商品案内
FAQ
見積請求
カタログ(請求/ダウンロード)





for inquiries and comments, email - info@starbar-japan.com
Copyright (c) 2000-2001 STARBAR JAPAN. All Rights Reserved.